Site Overlay

情けは人のためならず

「情けは人のためならず」と言う諺がある。

言葉からそのまま意味あいをイメージすると、
「情けをかけることは、人のためにならない」と解釈ができる。
ただし、実際の意味・使い方は全く違う。

正しくは、
人に情けをかけておけば、巡り巡って自分に良い事が起きる」という内容。
人には親切にしておいた方がいい、という事だ。

先日、ある記事を読んでいたら出てきたので調べてみたら、このような意味だった。
つまり私は普段使うシーンはなかったが、間違った解釈を持ったままいるところだった。

文化庁のHPに面白いアンケートが掲載されていた。
https://onl.sc/X3tbWLy

つまり、私と同じ「勘違い」をしている人が全体の半数いるということ。
いやー今知っておいて良かった!

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット