Site Overlay

朝型人間は仕事が出来る?

これは少々解釈が間違っているケースがある。
有名な経営者(例えばスティーブ・ジョブズ氏やハワード・ショルツ氏など)が
朝型人間という話は聞いたことがある。

なので朝が苦手とかは置いといて全員が全員会社に
朝早く出社したら会社の業績が上がるかと言ったらそういう訳でもないだろう。

睡眠中は脳が休まるので、朝起きたときは脳への負担が少なく集中力を保てる
ということはよく言われる。
それは私自身がよく実感している。

夕方になると脳への疲労が蓄積して集中力が保てなくなる。
夜の会議とかマジで集中できない。
資料作成とかも頭が働かないから基本やらない。

とある人事コンサルタントの話。
そのコンサルタントが業績を上げていて行動パターンを調査したところ
朝5時には会社に来るというルーティーンがあった。始業は9時。
だからその会社は朝仕事をすることを推進するためのシステムをつくった。
・7時半までに出社する社員に対する朝食の提供
・早朝勤務(8時まで)を深夜勤務と同様に割り増し賃金を支払う
結果的に朝型人間が増えたのだが、暫くして業績との連動性を調査すると
朝型に変えた人と変えてない人の大して変わらないという結果。

そりゃそうだろう!

仕事する場所が会社でなければ結果は違ったかもしれないが
会社に皆出社するのだから朝型人間を増やしたらやかましくて
集中できないだろう。

その会社は朝型を推奨しなくなったという結末。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット