Site Overlay

中国製ドローンの行く末

中国製ドローンについては、
飛行データを利用者に無断で製造元に送っていると米が警告を出したあとに、
中国企業でドローン世界大手のDJIからの禁輸が発表されている。

個人情報の取り扱いについてリスクが高いという判断から
日本企業もDJIを始めとした中国製品の禁輸に動いている。
NTTも徐々に日本製に変えていく予定で、G内でドローン開発事業も
立ち上げている。まずはG内で点検利用などで活用予定だが
用途を徐々に広げていくのだろう。

ただし、コストという観点で見ると
現時点で中国製は国産と比較すると数倍安いと言われている。
切り替えたくてもなかなか切り替えれないのも実情。
ここは、研究開発費用に予算をかけれる大企業に期待。
ソニー、パナ、ヤマダあたり。
ちなみにドローン(進化系)の活用方法について
人が乗っている状態はいつになるのか楽しみである。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット