Site Overlay

たんぽぽハウス

ワンコインでトータルコーディネート
というキャッチフレーズで展開する激安古着店。

店内では、1着税込105円という値札が目立つ。レディース、メンズ、キッズ向け商品など幅広い。ヴァンベール社が運営する「たんぽぽハウス」は都内を中心に今日時点で17店舗を展開している。今は、メルカリの活用客が増えている事からも古着に対する抵抗が薄まっているという環境でもある。ESG+Lの考え方にも繋がるし、消費者からすれば嬉しい場所である。事業運営という点からすると、リサイクル品は粗利が高い。

元々捨てようと思ったものを安値で買い取る訳で、ブランドによって売れる売れないという判別がなされる。他の衣服買取企業と比較すると、利用はしたことがないがブランドに拘るとか売るときの服の状態などかなりルールの定義が緩いのだろう。

小規模の衣服販売会社は価格で優位性をどう保つかというのは重要なポイント。昔は大型スーパーのジャスコなどが立ち並ぶ中で、ジャスコより安い服をどう取り揃えどう売っていくかということに頭を悩ませていたとの事。

ファッションを売る訳ではなく、生活密着型古着チェーンとして存在をしていくという哲学の元、今の形態にたどり着いている。もしかしたら、哲学は後付けかもしれないが。パート社員に捨てようと思っていた服を持ってきてもらい売ってみたら売れた。ここから新しい思考が生まれている。
買うお客様は、穴の空いたツイードのジャケットを「サバゲー」で使うために買ったりレディース服を「女装趣味」の人が買ったりすると。

しまむらの近くで出店するのは嫌がると思うがたんぽぽハウスは気にせず出店している。これは勝てる要素があるから。

古着界のしまむら

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット