Site Overlay

パニック症の克服法

芸能人の青木さやかさんの記事を読んだ。
私の身近にもパニック症の人間はいる。
これは実際になった人にしか分からないのは百も承知なのだが、
パニック症になると行動制限がされる。(すべて本人から聞いた話)
電車は鈍行で行く、薬を飲んだときだけ少し遠出が出来る。
しかし、あまり無理はし過ぎない方がいい。
本人の体調や気持ちを優先しすぎると、回復できるのかどうかが分からないし
IKKOさんの言葉ではないけれども、1日1ミリずつでいいので回復に向かえば良いなとは思っている。

あるとき、本人が気づかず高速道路に乗ったことがある。
距離で言うと20キロくらいだろうか、結果的に高速を20キロ普通に乗れたのである。
青木さんの記事にもあったが、薬を飲むことを忘れていたら
薬を飲まなくても良い事が分かり、薬を飲む量が減ったと。
パニック症は不安感からくる。
例え周りの人間が「大丈夫」と言っても、本当に大丈夫かどうかは本人にしか分からない。
青木さんの記事を読んで思ったが、本人が何かを少しずつ変えることもできる。
青木さんの場合は、先輩からの助言でちょっとした変化を取り入れることだった。

何かを言われたときに、「でも~」ではなく「はい、分かりました」と言うと。
相手のことを思って「でも~」という言葉が出てくる。
ただそれを止めてみると気持ちが楽になると。
些細なことだが、奥が深いと私は思った。

青木さやかさんの記事
https://toyokeizai.net/articles/-/598894

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット