Site Overlay

パレートの法則

20%の要素が、80%の結果をもたらす」という考え方。
これは「一般的にそういう現象になりやすい」という現象を表したものに過ぎない。

例えば、
・全体の顧客のうち20%が80%の結果をもたらしている
・全体の売上のうち全商品の20%が80%の売上をつくっている
・HPのPV数については、全体の20%のUUが80%のPV数をつくっている

「パレートの法則」とか「2:8の法則」とか色んな呼び方はあるが、理屈は一緒。

冒頭に記載したが、「一般的にそういう現象になりやすい」というだけで、
必ずしも2:8を指標に計画を立てる必要はない。

「2:6:2」の法則もあるが、
これは「働きアリの法則」とも呼ばれる。
「20%がよく働き」「60%が普通に働き」「20%がサボる」という法則。
これも「働きアリ」をモデルに「そうなりがち」という一般的な現象を言っているだけで
その状態を目指す指標には適さない。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット