Site Overlay

銀行のデジタル化、店舗削減加速

駅近の一等地に店舗を構えて窓口業務を行う従来の銀行運営形態が変わろうとしている。
窓口で対応しなくても銀行機能が果たされる環境になってきているのは事実で
ネット回線があれば送金はどこでも可能だし、現金は必要だけどもATMがあればいいし
フィンテック企業の台頭によって現金を使う場面も減っている。

人口10万人当たりの銀行店舗数を見ると、日本は他先進国と比べると多い(34店舗)。
米国(30店舗)やフランス(33店舗)よりも多くなっている。
フィンテックが進行しているスウェーデンは14店舗。
銀行に変革が求められている訳だが、大幅なコスト削減に繋がるのは明らか。
ただしこれまで店舗内で勤務していた方の新しい機能は何になるのだろうか?
断続的にリストラを断行するのだろうか。
店舗が全く不要かというと高齢者への対応を考えるとそういう訳にはいかない。
中長期策が知りたいところ。

銀行利用者も時代についていかないと情報弱者として生活に困るだろうし
この辺の話、現状理解と今後の方向性に関心を持たせるためにも
半沢直樹のような影響力のあるドラマで脚本化してくれたら面白いのに。
視聴率も高いだろうし。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット