Site Overlay

マイキャンプ山

自分でキャンプを目的に山を買う人が増えている。
コロナの影響もあり空前のキャンプブーム。
そもそも山はどうやって買うのか?
山はそもそも売買が少ないため不動産会社で山を取り扱っている会社は少ない。

「山いちば」は山の売買をしている専用サイト。

例えば、八王子の山は、2,125坪で約2,000,000円。
とすると坪単価は941円。
東京ドーム(建築面積:約14,217坪)の約1.25倍の広さ。
もちろん場所によっては、もっと安い場所もある。

価格の決め方
・固定資産税評価額から坪単価を計算
・平地は単価を高く設定
→平地自体の面積の大きさによって価格が変わる
・急こう配の傾斜地では安く設定
・敷地内に川が流れていると高くなる
・トラックが入れる道路が整備されていると高くなる

住宅会社もウッドショックの影響により
山を買う会社が増えているかもしれない。

個人的には、キャンプは好きだが山まで買おうという気持ちがない。今は。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット