Site Overlay

資生堂が時価総額で花王を逆転

当然株価は流動するので、
確認したタイミングで再逆転されている可能性はあるが
今年の6月に入って逆転していたのは事実。

資生堂は、直近に方針転換があり、将来の期待感から
株価が上がり、一方で花王の「おむつ」などの主軸事業が
若干停滞気味ということもあり株価が下がったことで
逆転したという感じ。

花王の株価は6月から確かに不安定で、
そこまで下がる要因ある??という感じだったが。
資生堂は、花形事業だったパーソナルケア事業を売却し
高価格帯のスキンケア事業にシフトしたことが
今後の業績にどれだけのインパクトを生むか。

PERは約90倍と割高。花王は25倍。21年度予測。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット