Site Overlay

Youtuberの手取り減額

デジタル課税の話が色々なところで出てきているが
グーグルが政府よりも先に手を打ってきた。

内容としては、Youtuberの広告収入について
米国居住者が視聴したときに発生した広告収入に対して
税金を新たに徴収するという内容。

厳密には、グーグルがYoutuberの動画(著作物)に対し
ロイヤリティを支払う→そのロイヤリティから源泉徴収を行うという流れ。

税金は米の比率で支払うことになり、米国外の居住者からすれば
居住国からと米国からと2重に課税されることになる。
ちなみに、日本は日米間の租税条約により免税になる。
インドなどではユーザーから怒りの声が出ているらしいが。
そりゃそうだ。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット