Site Overlay

キャッシュレス決済市場

熾烈な競争が続いているが、
今のところはペイペイが半分のシェアを占めている状況。

「囲い込み」という点では、G内に銀行・証券会社があり
あらゆる機会でポイント獲得・利用の場所がある
楽天一日の長があると思うが、ライバルたちも色々と手を売っている。

d払いについては、NTTグループなので資金力は豊富なのだが
銀行や証券会社を持っている訳ではない。
そこでUFJ銀行と業務提携を結び、ポイントが貯まる預金口座を開設した。
飲食店では、レジでの支払いをせずにQRコードを読み取ってテーブルチャージ
が出来るシステムをつくっている。

auペイは、グループ内で金融面との連携を図れる利点があり
またローソンと提携しローソンの公式アプリから支払いができる環境をつくっている。

ペイペイは加盟店が多いことと(316万店舗)
還元率が高いというのが高いシェアを確保できている大きな理由。
確かに、ペイペイだけが利用できる場所が多い。
個人商店でもキャッシュレスを導入している店舗は増えている感覚だが
なぜかペイペイだけ使える店舗が結構ある。
これは、自治体との連携を以前から図ってきた経緯から。
還元率が高いのは当然諸刃の剣なのだが加盟店が多いから
出来る事でもあるのだろう。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット