Site Overlay

家具のサブスク

無印が試験期間を経て需要があると見込み
本格的なサービス展開を始めている。
テレワーク普及にともない家具の入用が増え
期間付きの利用需要に応えるサービスとなっている。
子供用のベッドや椅子などもある。

買取サービスも付くが、3か月、6か月、1年、2年など
期間は幅広く設定されている。
子供用の家具は、モノによっては期間が定めやすいが
いつまで使うか先が見えない家具もあるので
期間は設定しにくいかなとも感じた。
なので複数の期間を設定しているのだろうか。
どの期間が一番需要が多いのだろう。

モノによって利用者の属性によって見えてくるものだろうが、
事前の仮設段階ではどうだったのだろうか。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット