Site Overlay

ESG+L

ESGへの取り組み度合いで企業評価される時代であるが
LIFE(生命・生活)という新機軸が加えられようとしている。

ESGを通じ自分たちのLIFEをどう守るか、という考え方。

「企業もサステナブルに」
という考え方のもと、ユニクロは自社のサステナビリティの
アンバサダーに「どらえもん」を選び、
サステナビリティーの象徴でもある緑色にしている。

柳井会長は「新型コロナは戦後最大の危機」と捉えており
「何のために企業があるのか、それが理解されて初めて売れる」と語っている。
企業もサステナブルでなければいけないという考え方を前提に、
「リ・ユニクロ」のブランディングを広めていく。
例えば、着なくなったダウンジャケットを回収し、また着れるダウンジャケットにして再販する。
ゴミを減らし、二酸化炭素を減らし、自分たちの生活や生命を守る環境をつくっていく。
ESGに関心が高い欧州では売れている。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット