Site Overlay

フードロス問題への対応

まだ飲食可能なのに捨てられる「フードロス」問題への対策として
北陸コカ・コーラは「SDGs自販機」という名目で
賞味期限が近い飲料水を割引で売り出している。
半額くらいの値段で。
150円くらいの500mlペットボトルが80円くらいになる。
一先ず富山市役所の自販機から販売スタート。

関東圏内では、廃棄されそうな食材を使って料理を提供する
レストランが既に出店されている。
またスーパーも既に出店されている。
フードロスへの意識が以前よりも高まっている証拠。
SDGsへの取り組みに向けては、
官民連携の動きも重要になってくる事は言うまでもない。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット