Site Overlay

ベイシアグループ①

作業服の販売をしている「ワークマン」
ホームセンターの「カインズ」
等28社で構成するベイシアグループのG総売上が1兆を超えている。

本社は群馬県伊勢崎市。
スーパーや作業服、ホームセンターなど、
扱う商品に分けて店舗を拡大してきているが元々は総合スーパーの形態。
今でいうイオンやダイエーのような形態。

大規模小売店舗法(大店法)が改定されたのが1970年代。
500平方メートル以上の小売店の出店規制が厳しくなったことがキッカケで
商品別に会社を分け店舗を分けのやり方を取っている。
PB商品の開発にも力を入れコスパが良いものに拘ったこともあり
収益率は高い状態をキープしている。
しかし昔からという訳では決してない。当然様々な変化をしながら現状がある。

ちなみに「カインズ」と「ワークマン」は、
其々「ホームセンター」と「作業服」業界ではNo1の規模を誇るが
経営手法は真逆。

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット