Site Overlay

「1文の最適字数」と「短く書く」コツ

・1文の最適時数:
60文字以内

・短く書くコツ:
なくても意味が通じる言葉は削る
ワンセンテンス・ワンメッセージ
分けて単純にして繋ぐ

分かり易く誤解のないように文章を書くことを心掛けると
文章が長くなりがちなのは誰しもが経験している事で
頭を悩ませている事ではないかと思う。

シンプルに書かないと人には読まれない。
特に、小さなスマホ画面で文章を読むことが増えている中で、
文章が長いと先ず読まれない。

「シンプルに書く」コツとして言われているのは、
「なくても意味が通じる言葉を削る」こと。

「シンプルに書く」効果は下記の2つ。
(1)内容が伝わりやすくなる読み手の負担を減らし理解を促す、
主語(誰が)と述語(どうした)が近づくので、事実関係がはっきりする。
また書き手が「短い文で正しく伝えよう」と意識することで
「もっとも適した言葉」を選ぶようになり、書き手の主張がはっきりする。

(2)リズムが良くなるジャーナリストの池上彰氏は、
「短い文章を重ねることで、リズムが良くなるし、緊迫感も出てくる」と申しておる。

×悪い例
新型コロナウイルスというものは、人に感染する7番目のコロナウイルスです。
世界中のいたるところすべてで、とても大きな被害が発生する状況が続いているのです。

○良い例
新型コロナウイルスは、人に感染する7番目のコロナウイルスです。
世界中で大きな被害が出ています。

1文の最適字数については様々な意見がある。
文章のプロの意見をまとめると、長くても「60文字以内」というのが一つの答えだと。

コツは、
「ワンセンテンス・ワンメッセージ」「分けて単純にして繋ぐ」

Published By:

投稿者: 人生ボチボチ

経営コンサルティング会社に勤務しながら、グループ企業の経営をしています。普段、新聞やネットニュース、本などから得た知識に、自分の実体験も交えながら、自由気ままに情報発信しているブログです。お気軽に拝見いただければと思います。 趣味:キャンプ、投資、ダイエット